壊れかけのSEO

壊れかけのSEO

このエントリーをはてなブックマークに追加  

今こそ通用する当時話題になったSEO

昔見た、SEOの本質というべきある記事は、当時とても話題になり、多くのブログやサイトでも言及されていた。

 

もう数年前に書かれていたSEO対策だが今でも十分役に立つ。
なぜなら、この記事を書いたSEO技術者は、検索エンジンの根本的なことを書いていたからである。
この記事によると、SEOは内部対策は20%で外部対策が80%である。

 

そして外部対策は、大量に相互リンク、被リンクをつけることではない。いかにナチュラルなリンクを集めるかが重要であると書いてあったのだ。

現在のSEO対策は、ますますこの記事に書かれていた傾向になりつつある。

 

最近ではネットビジネスに手を出す人が増えてきていますがLVSWに記載されている様に、ネットビジネスに関わる7割もの人が儲ける事ができないでいるのです。
では、実際に儲かっている人とそうでない人にはどの様な違いがあるのでしょうか。

 

例えば、しっかりとSEO対策がなされているので集客に繋がっている様な直接的な要因もありますが、考えが堅すぎるという抽象的な事もあげる事ができるのです。
柔軟な考えをもっている人は、サイトの状況に合わせて流れる様に変化させます。
もっと豪腕な人だと、自ら流れを作り出す場合などもあるのです。

 

実際にどの様な手によって流れを変えるかは一概にはいえないので控えさせてもらいますが、儲かっているサイトを研究し続ければ自ずと見えてくるのではないでしょうか。

長期的なSEO

SEO対策を行っていく上で長期的な事を考えることは大切です。

 

このように、ネットビジネスにおいて売上を持続していく事を考えなければなりませんし、SEOキーワードを流行り廃りのある言葉などにする事も避けたほうがよいです。

 

流行語などが、次の年になれば死語になってしまうように、例え今現在の月間検索数は高かったとしても、急激に落ちてしまう様なワードをSEOする事はリスクが高すぎます。

 

せっかく手間をかけて上位表示したのに、誰も検索しなくなっていたのでは悲しすぎますからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
 
 

ホーム RSS購読
トップページ SEOと検索エンジン ニーズを読み取るSEO SEOと検索ロボット SEOと内外部対策